マスター・スクーバ・ダイバー・クラブ

MSDクラブ
MSDクラブとは、継続教育をしてスキルアップされた方がアマチュア最高峰のランク。マスター・スクーバ・ダイバー(MSD)の資格を取得した際に入会できるクラブです。  
マスター・スクーバ・ダイバー(MSD)とは、
さまざまなダイビング活動や環境でスキルを磨いて、経験を積んだことを意味するアマチュア最高峰のランクです。専門のコースがあるわけではなく、そのダイバーの経験を表彰するものです。 多くの楽しみ方を知っているのと同時にトラブルの予防・対処能力も備えた、最も安全なレジャー・ダイバー。それがマスター・スクーバ・ダイバーなのです。  
取得条件:以下の条件を満たし申請  ※【申請料】10,000円(税別)
※ログブックに記録された50ダイブ以上のダイビング経験の証明が必要です。  
入会条件:PADIマスター・スクーバ・ダイバー(MSD)取得者以上  
 ①メンバーズ会員:MSD資格保有者
 ②シルバー会員:当店にてMSD申請をして頂いた方
 ③ゴールド会員:当店にて3つ以上のSP取得。MSD申請をして頂いた方
 ④プラチナ会員:当店にて5つのSP取得。MSD申請をして頂いた方    
入会方法:ショップスタッフまでご入会の希望をお知らせください。    
入会特典:器材購入にお得な割引チケット、ツアー割引チケットをプレゼント。    
こんなあなたにお勧め!SP紹介コーナー!!5つのSPをご自分のスタイルに合わせて選ぶ事が出来ます。自分と似ているスタイルがあるかも!そんなあなたの組み合わせを紹介していきます!!  
冬の伊豆の海を存分に楽しみたいあなた!!
①ドライスーツSP

冬と言えば寒さ!!ウエットスーツではガタガタ震えてしまって楽しむことが容易ではありません!

身体が冷えてしまうことを緩やかにして水温が低くても快適にいられる時間を延長することが出来るのがドライスーツ。

身体が濡れないことによりだるい感じがあまりありませんね。着替えの必要もなくなるので準備が早いです!

②ウミウシフォトグラファーSP

海の宝石「ウミウシ」は多くの種類は水温の低い冬に見られるものが多いです!

可愛らしい姿を上手に撮るテクニックや捜索テクニックなど、このコースでは学んでいきます!

一つの岩だけで捜索60分なんてダイビングをしたりと自分の見つけた自分だけの「ウミウシ」を映えな姿でじっくり撮影出来ちゃいます!

③ピークパフォーマンスボイヤンシー(PPB)SP

ドライスーツSPでも学びますが、ドライスーツを着た状態で中性浮力が取れれば怖いものなし!

水中移動の際に無駄な体力を削ることなく快適に楽しむことができます!余計なエアを使うことも減るので潜水時間も延長できます!

じっくりと冬の綺麗な透明度の海を多く楽しむことができるようになります。

④ボートダイビングSP
冬にしかオープンしていないポイント!例えば熱海の小曽我洞窟(11月~4月)などがあったりします!
小曽我洞窟へはボートで行くポイントになっているのでエントリーテクニックを知っておくと役に立ちます!伊豆でケーブダイビングを楽しめる数少ないポイント しかも冬季限定なんでなかなか行く機会が少ないポイントになってきます!
海外のリゾートでダイビングを楽しみたいあなた!!
①ピークパフォーマンスボイヤンシー(PPB)SP

水中で浮きも沈みもしない「中性浮力」の状態をとることは、快適に水中を移動するうえでも、サンゴの群生などの水中環境を傷つけないようにするためにも大切なこと。

このコースでは、タンクやスーツの種類ごとにウエイト量を調節する知識から、BCDや呼吸による浮力コントロールのコツまで、より詳しくマスターし、水中で思い通りにピタッと静止することができるようになります。

これができれば、ドロップオフもなんのその。空気や体力の節約にもつながり、いいこと尽くしです。

②ボートダイビングSP

リゾート地では多くのダイビングスポットがボートエントリーとなります。

ひと口にボートといっても、和船やクルーザー、ゴムボートなど、タイプはさまざま。どんな状況でも慌てずにボートダイビングが楽しめるよう、ボートからのエントリー&エキジット法や器材のまとめ方、船酔いの防止法などをこのコースで学んでおきましょう。

ボートでの移動時間が長いツアーでも、安心して参加することができるようになるはずです。

③デープダイビングSP

ダイバーにとって「深く潜ること=ダイビングスキルの優劣」というわけではありませんが、ダイビングスポットによっては水深18m以深に見どころがあるところも多く、まるでお花畑のようなソフトコーラルの群生や、太陽の光の届かない”グランブルー”の世界、沈船、ケーブ(洞窟)など、ダイバーの好奇心を刺激する光景が広がっています。

このコースでは、深く潜ることで増えるリスクをきちんと認識し、潜水計画の立て方をはじめ、より安全にディープ・ダイビングを楽しむための方法を学びます。

④エンリッチド・エア・ダイバーSP
数あるPADIスペシャルティ・コースの中で最も多くのダイバーが受講するコース、それが「エンリッチド・エア・ダイバー・スペシャルティ・コース」です。 日本でも利用できるダイビングポイントが増えてきましたが、海外ではすでに一般的なダイビング・スタイルとなっています。 今後ますます熱くなるエンリッチド・エア・ダイビング。ここではそのメリットや魅力に迫ります。
海が大好きで環境を考えているあなた!!
①AWAREダイブ・アゲインスト・デブリーSP

ダイバーだからこそできる、水中からの海洋ゴミの回収を実施するための知識とスキルを学び、海からゴミを取り除き、ゴミの種類や量の報告をします。海に流入するゴミのおよそ70%が海底に沈んでいると推定されており、非常に大きな問題となっていますが、「Dive Against Debris」を通じて、私たちダイバーは海をきれいに、かつ健康に保つのに大きな役割を果たすことができるのです。

報告されたデータは「Project AWARE」によって集計され、海を保護するための世界的な活動に活かされます。

②水中ナチュラリストSP

海の生き物と身近に接することができるのは、ダイバーの特権。

でも、ただ見るだけでなく、生物たちの命の営み、例えばクマノミとイソギンチャクの共生関係や、タツノオトシゴなどの周囲の環境へのカムフラージュ(擬態)、口の中で卵をふ化させるネンブツダイのマウスブリーディングなどを知ると、これまで以上に海がおもしろくなります。

このコースで、それぞれの生き物の生態についての知識や、生き物に接する際のマナー、危険な生物への認識を学び、海の生物に対する造詣を深めていきましょう。

③プロジェクトAWARE SP

海の世界を楽しむダイバーになったからには、その環境について詳しく知りたい。そんなあなたは、このコースで海の環境を守ることの大切さと、海で実践すべきマナーを学びましょう。

現在、この地球上では1年間に少なくとも1,000種もの生物が絶滅していると言われています。この深刻な事態を食い止めるには、少しでも多くの人が環境問題を理解し、協力することが必要です。

海という自然と身近に接している私たちだからこそ、もっと環境問題に関心を持ち、環境を守るための第一歩を踏み出してみませんか?

④AWAREサンゴ礁の保護SP

海の環境、特にサンゴ礁を守ることをテーマにしたのがこのコース。

近年、海水温の上昇やオニヒトデの大量発生、海洋汚染などにより、世界中のサンゴ礁が大きなダメージを受けています。サンゴ礁は、地球環境を維持するためにも、私たちの生活にとっても大切な存在。

まずは正しい知識を身につけ、守るべきマナーを知るところからスタートしましょう。

プロジェクトAWAREなど、環境保護に関連する他のPADIプログラムと組み合わせれば、より広範な知識を得ることができます。

自分の事は自分でしたいあなた!!
①水中ナビゲーターSP

水中で正確なナビゲーションができれば、目的地まで最短のコースで楽に移動できるだけでなく、万が一水中で自分のいる位置がわからなくなってしまった場合でも、あせらずに落ち着いた行動がとれます。

自然の目標物を確認しながら移動するナチュラル・ナビゲーションや、コンパスを使い水中を捜索しマップを作成するテクニックなども学びます 。

これにより、水中をより自由に楽しむことができるようになり、ダイビングのバリエーションは無限に広がっていきます。

②器材SP
水中で呼吸するためのレギュレーターや、安全を管理するダイブコンピューターなど、ダイビングは器材への依存度が高いレジャーです。それゆえ、器材は慎重に選んで購入し、その後はベストな状態で使いたいもの。 このコースは、まったくの初心者ダイバーから、買い替えを考えているダイバー、さらには器材のメンテナンス法を知りたい、もっと使いやすくしたい、長持ちさせたいと考えているダイバーまで、幅広いダイバーのニーズに応えます。 器材に対する不安をなくし、ストレスなくダイビングを楽しみましょう。
③サーチ&リカバリーSP

海底に眠る金銀財宝を見つけられたら…。そんなロマン溢れる夢をかなえる手段となるのが、サーチ(捜索)&リカバリー(回収)のテクニック。

宝物発見を想定して、発見場所の記憶方法から、再度その地点に戻るナビゲーション、引揚げ作業の方法、手順などを学びます。もちろん、水中に落としてしまったダイバーズナイフや時計などを探すとき、海底に沈んだゴミを回収するときなど、現実的なシーンでも活躍するテクニックです。

いつの日か海の中で大発見する日を夢見て、身につけておくのもいいのでは?

④アルティチュード(高所)・ダイバーSP

海抜300m以上の高所で潜るダイビングのこと。海だけでなく、湖や川などの淡水域もダイビングの舞台となります。湖底に生える水草や淡水魚など、海とはひと味異なる雰囲気を楽しむことができるでしょう。

ただし、オープン・ウォーター・ダイバー・コースで身につけた海でのダイビングの仕方とは異なり、アルティチュード・ダイビングでは、酸素が薄い高所で行動する際の注意点や、淡水に潜るためのウエイト重量など、海との違いを学ぶ必要があります。

日本では本栖湖などで楽しむことができます。

自粛期間でダイビングが出来ずスキルが不安な方!!
①ピークパフォーマンスボイヤンシー(PPB)SP

水中で浮きも沈みもしない「中性浮力」の状態をとることは、快適に水中を移動するうえでも、サンゴの群生などの水中環境を傷つけないようにするためにも大切なこと。

このコースでは、タンクやスーツの種類ごとにウエイト量を調節する知識から、BCDや呼吸による浮力コントロールのコツまで、より詳しくマスターし、水中で思い通りにピタッと静止することができるようになります。

楽に潜れるようになるには大切なスキルです。落ち着きを取り戻すのには最善です。

②水中ナビゲーターSP
自然の目標物を確認しながら移動するナチュラル・ナビゲーションや、コンパスを使い水中を捜索しマップを作成するテクニックなども学びます 。

水中で正確なナビゲーションができれば、目的地まで最短のコースで楽に移動できるだけでなく、万が一水中で自分のいる位置がわからなくなってしまった場合でも、あせらずに落ち着いた行動がとれます。久しぶりで心配なことがあっても一つ心配ごとは減ります!

これにより、水中をより自由に楽しむことができるようになり、ダイビングのバリエーションは無限に広がっていきます。

③器材SP
水中で呼吸するためのレギュレーターや、安全を管理するダイブコンピューターなど、ダイビングは器材への依存度が高いレジャーです。それゆえ、器材は慎重に選んで購入し、その後はベストな状態で使いたいもの。 このコースは、まったくの初心者ダイバーから、買い替えを考えているダイバー、さらには器材のメンテナンス法を知りたい、もっと使いやすくしたい、長持ちさせたいと考えているダイバーまで、幅広いダイバーのニーズに応えます。 器材に対する不安をなくし、ストレスなくダイビングを楽しみましょう。
④デジタル・アンダーウォーターフォトグラファーSP
水中写真は感動の記録はもちろん!肉眼では気づかなかったマクロな世界も写しとってくれます。このコースでは、ダイビングの楽しみをグンと広げ、カメラの基本的な使い方から撮影テクニックを学びます。 久しぶりの撮影で上手く撮れない、この際しっかりと撮影技術を身に着けさらに良い写真が撮れるようになりたい。そんな方には必須のスキルです!  
などご自分のスタイルに合わせてSPを選ぶことができます。  
今月のピックアップSP
ドライスーツSP
 
 【1年中がベストシーズン!】
伊豆の海の本気は冬!とはいえ、冬にウエットスーツで潜るのは気合と忍耐力が必要不可欠・・・、しかしドライスーツがあれば!気合も忍耐力も必要ありません!!! 「服を着たまま」「スーツ内に空気の層を作ることができる」「体が濡れない」ことにより、水の冷たい時期でもダイビングを楽しむことができます。 冬の今の時期は特別価格で講習を毎日開催しております!ドライスーツレンタル料も込みなのでお得になっています!ドライだと吹き上りが怖い!操作が難しそうなど思っているあなた! 講習で身に着けて着こなしちゃいましょう♪♪♪ドライスーツで寒さも怖いものなしです!!
イベント情報☆彡
ドライスーツSPコース☆☆
日程:毎日開催
費用:¥20,000
内容:講習2ダイブ、レンタル料、申請料込み
ドライスーツが着られれば1年中潜れちゃいます!自分が行きたい時に迷うことがなくなりますね!